マシンピラティスとボディマップ | 東京のマシンピラティス専門スタジオ BDC PILATES (BDCピラティス)

-

Blog

マシンピラティスとボディマップ

2022.06.16

「ボディマップ(マッピング)」という概念をご存知ですか?
簡単にいうと、身体の地図(を作ること)、そのままです!

よく赤ちゃんが自分の身体の感覚を持っていくことを、ボディマッピングと呼びます。

ゴロゴロしながら足を口に入れてみたりして、自分の足なんだ、という感覚を持っていく過程のことです。

 

ピラティスは、この赤ちゃんのときにみんなが当たり前のように行っていたボディマッピングを
大人になってから改めて意識的に行うという行動に近いと感じています。

 

自分の骨がどこにどうついていて、どの骨がどのように動くのか?

つまり自分の身体の中がどんな地図になっていて、どう動くのか、意識したことすらない方も多いかもしれません。

というより、「身体の地図」がそもそもあることすら意識する機会ってなかなかないですよね。

 

 

ピラティスでは、ここに骨盤があって自分の骨盤はこっちに傾きやすくて、それを治すためにはこう動かすんだよね、
腕はどこからどこまでのことを言うのだっけ?といった、
身体の感覚をブラッシュアップしていく作業(つまり、マッピング)をしていきます。

 

徐々に自分の地図が出来上がっていき、知らなかった道を見つけたりできるようになると、身体の奥深さを感じます。

そして自分の地図を確認しながら感覚を研ぎ澄ませていくことにより、日頃の生活の中でも身体の部位を意識できようになります。

そうすることで正しい姿勢を自分の力で保つことができるようになると、
自然と肩こりが解消されたり、ボディラインがスッキリしたり、必要のないお肉が取れて結果痩せられたりします。

 

BDC PILATESの体験にいらした方が、
「こんなところに筋肉があるの、知りませんでした!」
「こんな身体の使い方、初めてしました!」
とおっしゃることがよくあります。

我々にとって、とっても嬉しい感想です。

というのも、体験レッスンを通して自分の本当の身体の感覚を探求してくださり、
まさにこのボディマッピングの最初の一歩を経験してくださったということだからです。

 

会員の皆様にこの身体の地図の感覚を持っていただくべく、
BDC PILATESの講師たちはしつこいくらいに「こっちじゃないですよ〜こっちですよ〜」と皆様のお身体の修正をして行っています。

これも少人数制クラスだからできること。

そしてリフォーマーなどのピラティスマシンは、こういった自分が普段の生活では感じにくい身体の部位を、感じやすくしてくれるのです。

 

なので「マシンピラティス×少人数制レッスン」というのが、ボディマッピングには本当に効果的なのです。
(→我々が少人数制レッスンにこだわる理由はこちら

 

ちなみにBDC PILATESでは、スタジオに敢えて鏡を設けていません。

鏡に映る自分の体を見ながら動くのは簡単ですが、普段の生活では鏡を見ながら行動はしないですよね?

それよりも、自分の身体の感覚を研ぎ澄ませ、ボディマップをしっかりと掴み、
自分の感覚で普段の生活でも動きを見直したり修正したりメンテナンスできるようになっていただきたいからです。

 

「自分の身体の地図」

 

これまで想像したことすらないかもしれませんが、探求しはじめるととても奥深く、とても楽しいですよ!!