股関節について | BDC PILATES | Blog

-

Blog

股関節について

2021.03.01

こんにちは。BDC PILATESスタッフの小竹です。

レッスンでは良く股関節というワードが出てきますが、みなさんお気付きでしょうか?

日常の生活ではあまり意識することのない股関節という体の部位。

でも股関節から脚を動かすということはとても大切で、
脚の引き締めには欠かせませんし、
股関節が正しく機能するようになると自然と腹筋群も鍛えられてくるんです!

股関節の動きが悪くなると、骨盤の位置が安定せず、姿勢が崩れる原因にも繋がったり、
お尻や太もも、腰のあたりに痛みが生じやすくなったり、余計なお肉がついてしまったりします。
また、歩き方にも影響が出て、ひざにも負担がかかってしまうのです。
ひざが痛い原因は股関節にあり、ということも…!

なのでピラティスのレッスンでは「股関節から動かしましょう!」とよくお伝えするのですが、
それはそれでなかなか感覚をつかむのが難しいのです…。

今日は、その股関節から脚を動かすための意識の仕方についてお伝えできればと思います!!

 

まずそもそも股関節ってどこにあるのでしょうか。

この丸い部分です!!

ここから脚を動かすためには、脚の付け根を骨盤から離し、空間を作るような意識を持つことが大切です。

 

そこで早速この意識を持ちながら、股関節の動きを感じやすい動画を2つご紹介しますのでチャレンジしてみてください!
(動画の声に合わせて動いてみてください!)

 

❝ Side leg circles (サイドレッグサークル)❞

『身体が一直線になるように横に寝て、左の腕は肘を曲げ枕にします。左脚を膝が90度になるように前に曲げ、右脚を股関節の高さに持ち上げます。右と左の骨盤の前の骨(ASIS)が床と直角(横向きのニュートラルポジション)になるよう保ちましょう。吐く息で右脚を骨盤の高さに持ち上げます。 踵を遠くへ伸ばし続け、左のお腹を床から離すように使うことがポイントです。右の足裏で円を描くように10回回し、反対回しも行います。 骨盤を動かさないように股関節から回しましょう。反対も同様に行います。』


❝ Shoulder bridge leg up down(ショルダーブリッジレッグアップダウン)❞

『膝をたてて仰向けになり、尾骨から巻き上げながら背骨を床から一つずつ剥がすようにお尻を持ち上げていきましょう。骨盤が傾かないように右脚をテーブルトップポジションに持ち上げます。吸う息で足首を伸ばしながら右脚を天井へ伸ばします。吐く息で足首を折りながら左膝の高さまで下ろし吸う息で足首を伸ばしながら天井に戻します。これを5回繰り返しましょう。骨盤が左右に揺れないように左脚でしっかりとマットを踏むことが大切です。足首の動きをいれることが難しい方は、伸ばしたまま行いましょう。反対も同様に行います。』

 

いかがですか??

動く中で鼠径部(ソケイブ)のあたりでじわりと筋肉が使われているのを感じられたら
股関節から動けている証拠です!

誰でも最初は難しいですが、何度か動いていくうちに必ず感覚がつかめてきます。

感覚がつかめてきたら、普段歩くときや階段の上り下りでも股関節から動かす意識をしてみてください!
脚がすっきりしてきますよ~!
普段使いにくい裏ももも使えてくるので、ヒップアップにも繋がり、一石二鳥ですね。

ちなみに私は階段を上る前に、ピラティスの呼吸をしてお腹をうすーくしたまま、
股関節・裏もも・股関節・裏ももとリズムを取りながら意識しています!

どうしても年齢を重ねたり運動不足などにより、股関節は硬くなり、動きにくくなります。
日常から意識することで、生活しやすい身体にしていきましょう!

もう少し寒い日が続きそうですので、どうか暖かくしてお過ごしくださいね。

ではまた!!