「マシンピラティス」は海外では通じない? - 東京のマシンピラティス専門スタジオ BDC PILATES

-

Blog

「マシンピラティス」は海外では通じない?

2022.04.02

皆さまもご存知のとおり、BDC PILATESは「マシンピラティス」専門スタジオです。

 

しかし、「マシンピラティス」という言葉。

実は海外では”Machine Pilates”という言葉は使われていません。

 

ピラティス氏が1920年代に兵士たちの看護に当たっていた際、

病室のベッドに負荷となるスプリングを取り付けて筋肉のトーニング(toning)を始めたところから

ピラティスマシン「リフォーマー」が開発されます。

 

ピラティスマシンにはリフォーマーだけではなく、キャデラック、チェア、ラダーバレルなどなど様々な機材があるのですが

このピラティスのマシンたち

総称して”Apparatus”(アパラタス=装置)と呼ばれています。

ピラティスをするための専用器具・機材・装置です。

 

我々が日本ではじめてこの機材を使ったピラティスでグループレッスンを行うスタジオを立ち上げようと思ったとき、

 

「専用装置を使ったピラティス」

 

のことをどう呼んだら、お客様たちにイメージを持っていただきやすいかと頭を回している中で

「マシンピラティス」という造語を思いついた…というのが背景です。

 

(「装置」という言葉だとちょっとセクシーさに欠けるというか…

マシンという言葉がセクシーかと言うとそれも分かりませんが…(笑))

 

 

ちなみに、海外に行ってレッスンを受けるのであれば

“Reformer Pilates” (リフォーマーピラティス)とか”Group Reformer Lessons”(グループのリフォーマークラス)と言えば通じます。

“Machine Pilates”(マシンピラティス)では通じないかもしれないので、ご注意を!

 

#マシンピラティス #マシンピラティス東京 #リフォーマー #ピラティス講師 #ピラティスインストラクター #ピラティス採用 #ピラティス #ピラティス東京 #pilates #reformer #リフォーマー #bdcpilates #ピラティス体験 #マシンピラティス体験 #体幹トレーニング #肩こり解消 #腰痛解消 #表参道ピラティス #吉祥寺ピラティス #恵比寿ピラティス #二子玉川ピラティス #銀座ピラティス #表参道マシンピラティス #吉祥寺マシンピラティス #恵比寿マシンピラティス #二子玉川マシンピラティス #銀座マシンピラティス