マシンピラティスで腰痛改善・腰痛予防 | 東京のマシンピラティス専門スタジオ BDC PILATES (BDCピラティス)

-

Blog

マシンピラティスで腰痛改善・腰痛予防

2022.05.28

この投稿ではマシンピラティスと腰痛改善と予防についてお話しします。

 

スタジオには、腰痛持ちでなんとかこの痛みを治したいと思っているという方や、

通っている整体院で慢性的な腰痛を治すならマシンピラティスがいいと勧められたと言う方々が大勢いらっしゃいます。

私自身、元々反り腰から来る腰痛持ちでした。

 

マシンピラティスは腰痛改善や予防にどのように役立つのでしょうか?

 

まず、ピラティスをすることにより、骨盤の位置を本来あるべき位置に戻すことができます。

レッスンを受けている方はお分かりだと思いますが、「骨盤のニュートラルポジション」ですね。

(骨盤のニュートラルポジションについては、こちらの投稿をご覧ください!)

 

腰痛を治すためには、第一に骨盤を正しい位置に戻すことが大切です。

なぜなら、正しい位置に骨盤を安定させることで、その上に伸びる背骨のS字カーブを正しく描けるようになるからです。

 

もちろんさまざまな筋肉をつけないと綺麗な背骨のS字カーブを保つことはできないのですが、

背骨の土台となる骨盤がそもそも正しい位置・向きでなければ、理想のS字に背骨を持っていくことはできません。

なので、身体のメンテナンスをする上で、骨盤の正しい位置を見つけるというのは本当に大事なことなのです。

 

次に、正しい位置に骨盤をセットした上で体幹を鍛えていくことで、腰周りの骨を守る筋肉がついていきます。

体幹はまさに腰回りも含めた背骨のまわりにある筋肉群を指しますので、

「体幹を鍛えること=腰あたりの筋肉を鍛えること」になり

結果として痛みの原因となっている腰にかかっている負担が軽減され、腰痛改善・予防につながる、という仕組みです。

 

では、腰痛改善になぜマシンピラティスが良いのか?

 

BDC PILATESで使用する「リフォーマー」というピラティスマシンでは、

スプリングと呼ばれるバネが身体への「負荷」と「サポート」の役割を果たしてくれます。

 

エクササイズによってスプリングの重さを調整することで、無理なく効率的に、

腰痛改善に必要な筋力強化をはかることが可能になります。

そしてショルダーレストやストラップなどを使うことで、自分の身体の左右差を直に感じることもできます。

ご自身の身体の歪みを察知できるようになるわけです。

(リフォーマーについての説明はこちらの投稿から!)

 

マシンピラティスは元々リハビリのために始まったので、マシンを使い安全に体幹を鍛えることができます。

リフォーマーを使うことで、腰痛を悪化させることなく身体を整えていくことができます。

そして体幹を鍛えることで、腰痛の改善・予防ができるというわけです。

 

不調のない健康的な身体づくりをすることで身体が機能的に動くようになる喜びを、ぜひ皆様にも体感していただきたいです!